【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

 

 

高血圧を改善するために食事の工夫をしている人に、果物はぜひ献立に取り入れてほしい食材です。ミネラルや食物繊維をたくさん含む果物は腸内環境を整えて、体内に老廃物が溜まることを防ぎます。その結果、血管内がきれいになり血流が良くなって血圧が正常に近づきます。果物は高血圧予防に欠かせないと言ってもいい優秀な食材なのです。それではどのような果物を選べばいいのでしょうか。

 

●リンゴとバナナは高血圧対策の最強コンビ
●可愛くて甘いだけじゃない!イチゴのパワー
●柿で高血圧を改善!その有効成分とは
●おやつ代わりにおすすめ。小さくても大きな効果のドライフルーツ

 

高血圧を改善するさまざまな成分を含む果物。それぞれの特長を知って、有効な栄養成分を存分に活用しましょう。

 

 

 

●リンゴとバナナは高血圧対策の最強コンビ
高血圧対策に役立つ果物ですぐ名前が挙がるのがリンゴとバナナです。どちらもカリウムを豊富に含んでいることがその理由です。カリウムは様々な食材に含まれている栄養素で、体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きをしてくれます。カリウムは熱に弱いので加熱する料理には向いていないのですが、リンゴとバナナはどちらも皮を剥くだけですぐに食べることができるのが便利なところです。また、どちらも食物繊維をたくさん含んでいるので腸内環境を整えるのに役立ちます。体から余計な塩分を排出し、腸内もきれいにすることが血圧の安定につながります。リンゴとバナナ、どちらか一方でも毎日食べるようにしたいものです。

 

 

 

 

【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

 

 

 

●可愛くて甘いだけじゃない!イチゴのパワー
野菜や果物の多くにはビタミンCが含まれていますが、イチゴはとりわけビタミンCが多い果物です。一般的にビタミンCは抗酸化作用があり美容に良いとされますが、高血圧の人にもぜひ摂ってほしい栄養素です。高血圧の原因のひとつは体内で過剰に作られた活性酸素とも言われています。多すぎる活性酸素は体の老化を進ませ血管にもダメージを与えますが、ビタミンCの抗酸化作用は傷ついた血管を修復してくれます。体内の若々しさを保つためにもイチゴはおすすめの果物です。ただし、イチゴにコンデンスミルクや砂糖をかけて食べることは、余分な糖分を摂ってしまうのでやめましょう。自然な甘さのまま食べることをおすすめします。

 

 

 

 

【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

 

 

 

●柿で高血圧を改善!その有効成分とは
秋の果物の代表格でもある柿は、「柿が赤くなれば医者が青くなる」などと言われるように昔から栄養豊富なことで知られています。主な栄養成分はビタミンC、カリウム、ペクチン、食物繊維、タンニンなど。どれも高血圧予防に有効な成分です。特にポリフェノールの一種であるタンニンは柿の渋みのもとですが、高血圧を抑制する効果があり、抗酸化作用も強いため血管の老化を防いで血流を良くしてくれます。渋い柿では食べられないのでは?と思うかもしれませんが、収穫後に渋みを抜いて甘くなった柿にもタンニンの有効成分は残っています。食物繊維については干し柿のほうが生の柿よりも多く、ひとつ(約200g)食べれば一日の必要摂取量を摂ることができます。秋になったらぜひ柿を毎日の食卓に加えてみてください。

 

 

 

 

【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

 

 

 

●おやつ代わりにおすすめ。小さくても大きな効果のドライフルーツ
果物というと生で食べるイメージがありますが、ドライフルーツにも生の果物に匹敵する栄養成分が含まれています。特にレーズンとあんずは含まれるカリウムの量がほかのドライフルーツに比べて多く、甘みも強いのでおやつにぴったりです。サラダなどに混ぜて食べてもいいですね。高血圧の食事では糖分を摂り過ぎないことも大切です。甘いものが食べたくなったら砂糖に代えて、ドライフルーツを活用すると良いでしょう。

 

 

 

 

【必見】高血圧を下げる!果物でおいしく健康に

 

 

 

たくさんの栄養成分を持つ果物の個性を知ると、さらに効果的に摂取することができそうですね。ただし果物は果糖を含んでいるので、寝る前に食べたりすると中性脂肪に変わりやすくなります。なるべく朝や昼間に食べることをおすすめします。

 

 

 

高血圧の食事に取り入れたいワカメ。その効果とは