高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

 

 

高血圧の改善にとって減塩は必須。塩分の摂取を減らすことも大切ですが、同じくらい重要なのが、体内に取り込んだ余分な塩分を速やかに排出することです。このとき、活躍するのがカリウムという栄養素。腎臓が塩分を排出する働きを助け、その結果血圧を下げる作用があるのです。カリウムはサプリでも補えますが、できれば毎日の食事から取り入れたいものです。カリウムを多く含む食材は野菜、果物、海草など多岐に渡りますが、中でもバナナはカリウムが豊富なことでは果物の中でトップクラス。老若男女の多くに人気のフルーツ、バナナでおいしく高血圧対策しましょう。

 

 

●バナナが高血圧に良いこれだけの理由
●バナナには他にも健康効果がいっぱい!
●もっとおいしく!バナナの簡単レシピ
●バナナを食べるとき、ちょっと気をつけたいこと

 

 

毎日の食事にプラスしたい、バナナの効果について紹介します。

 

 

 

●バナナが高血圧に良いこれだけの理由
体からナトリウム(塩分)を排出して血圧を下げる効果のあるカリウムを豊富に含むバナナ。一本食べるだけで、成人が一日に必要とするカリウムの量を補えます。また、血管に作用して血圧を低く保つ働きをするマグネシウムもバナナには多く含まれています。生で手軽に食べられるため、加熱などで栄養成分が減少する心配もありません。バナナは高血圧予防に最適なフルーツと言えるでしょう。

 

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

 

 

 

●バナナには他にも健康効果がいっぱい!
バナナには高血圧予防だけではなく他にも様々な健康効果があります。バナナには食物繊維がたくさん含まれているので便秘解消になる他、食物繊維が腸内の余分なコレステロールを取り込んで排出してくれるので、コレステロール値の低下につながります。また、食物繊維は血糖値の急激な上昇を抑え、カリウムが血糖値を下げる働きをすることも知られています。この他オリゴ糖やミネラルも豊富なバナナは美容にも効果的です。

 

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

 

 

 

●もっとおいしく!バナナの簡単レシピ
バナナはそのまま食べてもおいしいですが、一工夫すれば様々なスイーツに変身します。凍らせたバナナをカットしてヨーグルトと混ぜればさっぱりした甘さのデザートになります。牛乳と一緒にジューサーで混ぜれば、手軽な健康ドリンクの出来上がり。完熟したバナナは甘みが強いので、マフィンなどを作るときに砂糖の代わりにバナナを潰して混ぜれば、カロリー控えめで香りのいいスイーツになります。また、温めると更に甘みが増しておいしく食べられます。加熱することでバナナのオリゴ糖が増えて抗酸化作用もアップするという嬉しい効果もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

 

 

 

●バナナを食べるとき、ちょっと気をつけたいこと
健康的なフルーツの代表のようなバナナですが、食べ過ぎには気をつけましょう。バナナは同じ量の白米などに比べればカロリーは低いですが、それでも一日に何本も食べていては肥満の原因になってしまいます。食べる量の目安は一日二本程度です。一度に食べるのではなく一日何回かに分けて摂るほうが効果的です。ただし腎臓機能が悪い人は、バナナに豊富に含まれるカリウムを排出できないおそれがあるので摂取は控えましょう。また、体を冷やす作用があるため、冷え性の人は食べたあと適度な運動をして体を温めることをおすすめします。

 

高血圧の食事に加えたい。バナナにはカリウムがたっぷり!

 

 

 

高血圧に必要な栄養素カリウムをたっぷり含むバナナは、皮をむくだけで簡単に食べられる上に携帯にも便利なフルーツです。一年中売っていて、しかも安価なのも嬉しいですね。小さな子どもからお年寄りまで楽に食べられるので、おやつ代わりに常備している家庭も多いのではないでしょうか。高血圧対策を考えている人はもちろん、そうでない人も、健康と美容の強い味方であるバナナを毎日のデザートに加えてみることをおすすめします。

 

 

 

高血圧と血糖値は食事でどんな影響を受ける?